>>現在 1 人のゲストがご来店中です。

【サーバーOSバージョンアップ、およびコントロールパネルバージョンアップ、ネームサーバー回線切り分け作業終了につきまして】

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
オビタスター株式会社です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サーバーOSバージョンアップ、
およびコントロールパネルバージョンアップ、
ネームサーバー回線切り分け作業終了につきまして
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年5月25日(金)の0時より、8時
2012年5月26日(土)の0時より、8時
の2回に分けまして、サーバーOSバージョンアップ、
およびコントロールパネルバージョンアップ、
ネームサーバー回線切り分け作業を行わせて頂きました。

皆様方の多大なるご協力により、問題なく時間内に
作業は全て終了させていただきました。
ご理解、ご協力誠にありがとうございました。

今回のバージョンアップ作業により、
より快適なサーバー環境、新しい機能の導入、
より安全で、より安心なサイト運用をできる形となりましたので、
下記に一部ではございますが、この度のバージョンアップによる
変更点を一部ではございますが、紹介させていただきたいと思います。


▼サーバーOSのバージョンアップ
弊社サーバーのOSはDebianですが、こちらのOSのバージョンが、
lenny(Debian 5)より、squeeze(Debian 6)にバージョンアップされました。
lennyにつきましては、今年の2月にサポートが終了しており、
こちらに伴って、サーバーの日々のバージョンアップも
できなくなっておりましたが、最新のOSのバージョンになり、
安心して利用いただくことができるようになりました。
尚、日々サーバーへの攻撃対策や、サーバーのバグ対応のため、
バージョンアップ作業を続けさせていただいておりますので、
こちらもご安心くださいませ。

-PHP5.2系→5.3系のバージョンアップ
OSのバージョンアップに伴い、PHPのバージョンが新しくなりました。

-Suhosinの導入
日々相次ぐハッキングや、サイト改ざんなどのハッカーへの対応として、
PHPのセキュリティ機能を強化するための仕組みでありますSuhosinが
導入されました。
未知の脆弱性対策や、攻撃への対策になります。

※全ての攻撃に対応できるわけではありませんので、
PHPのスクリプトや、CMSなどのバージョンアップが告知された際には、
強くバージョンアップされることをお奨めいたします。


▼コントロールパネルのバージョンアップ
既に最新のコントロールパネルにてご利用のお客様も
いらっしゃいましたが、この度コントロールパネルの
ispCPを1.0.7にバージョンアップさせていただきました。
・JavaScriptフレームワークとしてjQueryの追加
・新しい例外/エラーを処理するライブラリの追加
・サブドメインリダイレクトを追加
・80&443以外のHTTP(S)ポートのサポートを追加
・ドメインエイリアス処理を強化
・カスタムDNSレコードマネージャを強化
・多言語処理の書き直し
・チケットシステムの書き直し
・セキュリティの強化
などが新しくなった機能になります。

※オビタスターでは、ispCP.jpとして、オープンソースの
ispCPの日本語化、普及活動も行っております。


▼ネットワーク機器増設
2011年の年末に起こりましたネットワークの異常高負荷より、
ネットワーク機器をそれぞれ上位機種への切り替えを行い、
更なるトラフィックへの対応ができる体制に切り替えました。

 

●セキュリティ対策について
この度の一連のバージョンアップ作業は、
過去に行われきましたハッカーのハッキングや、
サイト改ざん、データー流出、ウィルス・スパムなどへの
対応として行っており、これからも日々新たな攻撃は
増え続けていくと思われます。

弊社のお客様のほとんどがネットショップを
扱っているため、個人情報を多く取り扱っていたり、
官庁関係のデーターなども多く取りあつかわさせて
いただいております。
弊社側としましても、総務省や
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)などの指導の元、
日々新たな対策を調査し、検討し、テストを
行っております。

弊社側だけではなく、CMSや、PHPスクリプトを扱う
皆様方も、日々大変お忙しいとは思いますが、
自社のお客様の情報はもちろん、同じサーバーや、
同じネットワークを利用している他のお客様への
影響などもないように、常にセキュリティ対策には
気をつけていただき、最新の状態に保っていただきますように
お願いいたします。


●バックアップについて
弊社のispCPでは、お客様の領域のbackupsのフォルダに
お客様のファイルの一覧の圧縮ファイルと、データーベースの
圧縮ファイルを日々構築させていただいております。
こちらはお客様の領域のため、お客様にてご自身の
パソコンや、メディアにバックアップをしていただくことを
強くお奨めいたします。
こちらのファイルは、いざとなった場合は、
ispCPの管理画面よりデーターを復元することができます。
※ispCPの管理画面にログイン後、WEBツールより
日次バックアップに設定方法が記載されています。

こちらは日々のバックアップのため、もし、
ハッキングなどをされたのが前日で、
バックアップのデーターも前日までしかなかった場合などは、
元に戻すことができなくなります。
そのため、定期的に保存されることを強くお奨めします。

※バックアップの最中にそのサイトへのアクセスなどが
集中したり、更新作業などを行われた場合は、
上手くバックアップされないことがありますので、
ご注意くださいませ。


●サーバー、およびサイトの重い件について
現状、メンテナンスを行った日より、サーバー側では
何かしらのトラブルは起こっておりません。
ただし、全てのサーバーのバージョンアップ、
ネームサーバーのバージョンアップ、
ネットワーク機器の入れ替えなどに伴い、
弊社データーセンター内のキャッシュ情報が
全てクリアされた状態となっております。
また、お客様によっては、メンテナンス後
バージョンアップ作業を集中して行われていることなどもあり、
サーバーによっては、時間帯によって、
アクセスや、負荷があがっていることがあります。
この状態は、時間帯によって解決していく問題になりますので、
一度お時間をおきまして対応していただけましたらと思います。